老人ホーム,選び方

軽費老人ホームB型

老人福祉法で定められた老人福祉施設の一つです。その名の通り、低額で利用できるのが特徴です。どちらかが60歳以上の高齢者夫婦もしくは60歳以上の身寄りのない高齢者に対して、定額で住所を提供してくれる施設です。入所するには自分達で自炊ができる程度に自立して生活ができること、費用の支払い能力があることが条件となっています。ただ、利用者の資産が施設の利用料の2倍以上ある場合、月額34万円以上の所得がある場合には入所できないとされています。 軽費老人ホームは、自立して生活することが求められるため、入浴や排泄、家事などのサポートは受けられません。原則は自炊ですが、病気などになった際は食事の世話も頼めるため、高齢者だけで生活するよりも安心して暮らすことができます。ただ、心身の衰えにより介護度が進行し、自立が困難となった場合には別な施設に移る必要が生じることがあります。 入所を希望する場合は、施設へ直接申込みます。 費用については入所者本人の年収によって算出されます。各地方自治体や、運営状況などによってその算出方法が異なることがあります。目安としては、月額約5〜18万円程度だといわれています。施設によっては、プラスして光熱費を支払う場合もあります。