老人ホーム,選び方

新型特別養護老人ホーム

2002年に特別養護老人ホームの設置運営基準が改定され、登場したのが新型特別養護老人ホームとよばれる「小規模生活単位型特養」です。従来の特養では、数人で居室を共有し、数十人単位で集団生活をおくるのが主流でした。ホームに入る以前の生活や友人と離れ、新しい場所で他の高齢者とともに団体行動、集団生活を余議なくされていました。個室がないため、プライベートな時間をとるのもままならない状況で、利用する高齢者にストレスとなっていました。 そこで、基準の改定により居室全室の個室化とユニットケアが導入されました。新型特養では、1人に1室があたえられ、6室〜10室程度を1ユニットとしてトイレやリビングなどの共有スペースが設置されています。少人数のユニットの中で交流をはかり、また各個人のプライベートも確保できる新しいタイプの特養老人ホームとなっています。ただ、少人数による生活スタイルなため、高齢者同士の会話が少なくなり、むしろ認知症などを促進してしまうおそれがあるとも懸念されています。 今後、新規に特養老人ホームを開設する際には新型タイプにすることが求められています。基本的に個室の広さは約13.2m2以上と定められており、従来の特養より入居に際しての費用も高く設定されています。