老人ホーム,選び方

養護老人ホーム

養護老人ホームは地方自治体、社会福祉法人が運営しています。経済的・環境的な理由によって自宅での生活が困難だとされる65歳以上の高齢者が入所できる施設です。入所には市町村の措置決定が必要となり、自分の意志だけで入所できるわけではありません。また、介護保険施設ではないので、介護が必要な高齢者は入所することができません。基本的に身の回りのことは自分でできる人が対象となっています。生活に困窮している人の受け入れ施設という性格を持つため、経済的に余裕がある高齢者の入所も認められていません。 養護老人ホームでは、食事や入浴などの日常生活の援助やさまざまなレクリエーションなどが受けられます。それらにかかる費用は老人福祉法で定められた措置費によってまかなわれています。入居している高齢者も費用を負担する必要がありますが、その額は本人もしくは扶養義務者の前年度の収入から算出されます。一般的には、サービスを利用した料金から介護保険給付金を引いた額に食費をプラスした金額が入居者の負担金額となります。各市町村などによっても金額は変わってきますが、平均して月額3〜5万円ほどといわれています。経済的に困窮した人のための公的福祉施設なので、比較的低価格で利用できるのが特徴です。