老人ホーム,選び方

介護保険制度

2000年に制定された制度で、40歳以上は加入が義務付けられている強制保険です。保険料は一律ではありません。各自治体によって異なり、年度毎に見直しされます。40歳から加入し65歳から介護度によって保険が利用できます。高齢者やその家族などから申請書類が提出されたのち、訪問調査や医師の意見書などを参考に、介護認定委員会で介護度が決定されます。介護認定委員会は医師などで構成されていることがほとんどです。介護度に応じて介護給付(予防給付)が行われます。 要介護または要支援認定を受けた65歳以上の高齢者は介護保険サービスを受けられます。40歳以上65歳以下であっても、老化が原因とされる病気(認知症や慢性関節リウマチなど16種が定められています)で要支援以上と認定された場合にも介護保険サービスが受けられます。 介護保険が適用されると、介護サービス利用料金の1割が自己負担となります。有料老人ホームでは、都道府県の事業者指定を受けた「特定施設」で受けられる「特定施設入居者生活介護」について介護保険が適用されます。「介護付き」「ケア付き」と表記されている老人ホームの場合は、この指定を受けているはずです(念のため、きちんと確認することをおすすめします)。