老人ホーム,選び方

体験入居

見学して気に入った老人ホームがあったら、体験入居をしてみましょう。終日滞在することで、見学時には分からなかった夜間の様子や、そのホームでの1日の流れなどがつかめます。実際に生活してみることで、思わぬ不満やストレスなどに入居前に気付くことができます。体験入居には実費がかかることがほとんどです。期間も1泊2日のごく短いものから1ヶ月程度の長期にわたるものまでさまざまです。体験入居したからといって、必ずその施設に入居しなければならないというわけではありません。もし気になる施設が複数ある場合は、すべて試してみて一番だったところを選んで良いのです。 体験入居も事前に予約が必要です。入居できる期間や費用などをきちんと確認しておきましょう。ホームによっては、健康診断書の提出が必要な場合があります。必要書類を確認して事前に準備しておいてください。体験入居した際には、できるだけ他の入居者とコミュニケーションをとるようにしましょう。スタッフや設備、サービスが良くても入居者達と気が合わなかったら、快適な生活がおくれなくなる可能性もあります。また、施設の様子や満足度など忌憚のない意見が聞けるチャンスでもあります。また、ホーム内で利用できる施設や設備に関してもできるだけ利用してみて、実際に体験しておくことをおすすめします。