老人ホーム,選び方

老人ホームの種類 公的施設

何らかの理由により、自宅で生活をおくるのが困難であると考えられる高齢者が入所し、安定した生活をおくれるよう必要なサービスを提供する施設を、一般的に老人ホームといいます。老人ホームにはさまざまな種類がありますが公的機関による施設には、地方公共団体や社会福祉法人などが運営している養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、軽費老人ホームがあります。介護が必要な度合いによって入所できる施設も変わってきます。簡単に上記老人ホームの違いをご説明します。 ■養護老人ホーム:自立して生活できるけれど、経済的・環境的な問題があり、自宅での生活が困難であると考えられる65歳以上の高齢者が入所できます。各市町村で措置決定を受けての入所となります。 ■特別養護老人ホーム:心身の障害などにより自宅での生活が困難であると考えられる、要介護1以上に認定された65歳以上の高齢者が入所できます。 ■軽費老人ホーム:何らかの理由により自宅での生活が困難な60歳以上の高齢者が入居できます。基本的に、自立して生活できる高齢者が対象となります。介護度によって入所できる施設が代わりA型、B型、ケアハウスに分かれています。介護施設というより、住宅サービスに近く居住空間は完全個室となっています。