老人ホーム,選び方

特定施設入所者生活介護

介護保険法で定められた「特定施設」は、有料老人ホームとその他厚生労働省令で定められ施設のことです(地域密着型特定施設は除かれます)。 「特定施設入居者生活介護」は、「特定施設」が入居者に提供するサービスのことです。食事や入浴、排泄の介助などの日常生活のお世話、機能訓練や療養などのお世話を総称しています。「介護付き」有料老人ホームと名乗るためには、都道府県から「特定施設入居者生活介護」を行う施設であると認定され、事業者指定を受ける必要があります。この指定を受けていない施設を利用した場合には、介護保険の給付対象とならないため、注意が必要です。この指定を受けるためには、定められた基準を満たす必要があります。 ■人員:生活相談員、看護職員と介護職員、機能訓練指導員、計画作成担当者(ケアマネージャー)、常勤管理者を入居者の人数に応じた数を配置すること。 ■設備:●居室、介護専用居室、身体機能低下に配慮した浴室、非常用設備を備えたトイレ、食堂を設置すること。一時介護質、機能訓練室の設置が必要な場合もあり。 ●介護専用居室については○原則個室○介護付きまたはケア付きの表示義務○プライバシーの保護と適当な広さの確保○地下階は不可○出入口は緊急避難時に問題がないこと。 ●施設内では車いすでの移動が容易であること。 上記に加え、指定事業者として守るべき義務や努力目標について定められている運営基準があります。