老人ホーム,選び方

住宅型有料老人ホーム

住居型有料老人ホームは、各都道府県による「特定施設入居者生活保護」の指定を受けていないため、基本的にスタッフによる介護サービスは提供されません。介護が必要になった場合は、外部介護業者と契約する必要があります。ホームによっては、提携している外部事業者が同敷地内または近隣に存在している場合があり、介護付き有料老人ホームと遜色ない介護サービスを受けることが可能な例もあります。その場合でもパンフレットなどでケア付き、介護付きなどの語句を使用することはできませんので注意が必要です。 基本的に、要介護認定を受けていない高齢者が入居できます。要介護になった場合でも、入居したまま介護サービスが受けられます。しかし介護スタッフが常駐しているわけではないため、要介護度が高くなった場合や認知症が進んでしまった時には、退去する必要が生じることがあります。 居室は個室が基本です。単身でも夫婦でも入居することができます。各個室の他にさまざまな設備が付設されています。設備については、各ホームにより異なります。住宅型老人ホームにかかる費用は、居室のランクやホームにある設備などによっても異なりますが、基本的に居住費+食費+光熱費+管理費などです。介護サービスにかかる費用は自宅にいる時と同様に別途必要となります。