老人ホーム,選び方

老人ホームの種類 介護度による違い

高齢者の心身の健康の程度によって入所できる有料老人ホームにも違いがあります。最も一般的なのは介護付き有料老人ホームです。 ■健康型老人ホーム 自分自身で身の回りのことができ、買い物などにも行ける、完全に自立して生活できる高齢者を対象とした有料老人ホームです。健康で楽しく老後をおくるための設備などが充実しているのが特徴です。介護が必要となった際には、退去しなくてはならない場合があります。 ■介護付き老人ホーム 介護が必要な高齢者が入所できる施設です。また、現在は介護が必要ない健康な高齢者でも将来を見込んで入所することも可能です。介護の度合いによって費用や受けられるサービスが異なります。また、ホームによって対応できる介護度が異なるため、重度の認知症の方は入所できないホームなどもあります。事前に、どの範囲の介護が受けられるのかをきちんと確かめることが大事です。必要な費用は、ホームによって差があります。高額な一時金を必要とする高級老人ホームとよばれるものから、数人で居室を共用するタイプまでさまざまです。 ■住宅型老人ホーム 先のページでも紹介したように、賃貸方式と分譲方式があります。元気なうちから入所でき、介護が必要となってもそのまま暮らすことが可能です。介護付き有料老人ホームとの違いは、介護サービスについては完全に別料金となっている点です。