老人ホーム,選び方

老後の生活

少子高齢化社会が深刻化した日本で、老後の生活をどのように計画するかは大変重要な問題です。核家族化も進行しており、高齢者夫婦のみまたは高齢者単身のみ世帯も増えています。加齢による身体機能の衰えは避けがたく、要介護状態になった高齢者を高齢者が介護する老老介護の問題なども何年も前から指摘されています。そういった問題の解決策の一つが老人ホームの存在です。 現在は心身ともに健康な状態で暮らせていても、いつそれが衰えてしまうかは分かりません。今は良くても将来的なことを考え、老人ホームを検討するのも老後の生活の安定化をはかるうえで大切です。たとえ息子世帯や娘世帯との同居を希望したとしても、もし子世帯が共働きであれば充分な介護が受けられるとは限りません。さらに、心身に障害が生じた場合(認知症や身体機能の衰えなど)には、自宅での介護には限界があります。訪問サービスやデイサービスなどの介護サービスなども利用できますので、自宅でそれらサービスを受けて生活できる間は生活し、自宅での生活が困難になったら、老人ホームへの入所を検討してみてください。現在では、民間の有料老人ホームなども充実していて、常に医師や看護師が待機しているような非常に高いサービスを提供している施設なども多数存在しています。